ホーム > 「ひざ関節鏡手術」がよくわかる本
 新刊

「ひざ関節鏡手術」がよくわかる本

たった15分で、あのつらい痛みから解放!

「ひざ関節鏡手術」がよくわかる本
著者 陳 永振
陳 昌鍇
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2018/05/01
ISBN 9784774516912
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

「歩くのがつらい」
「正座ができない」
「階段の上り下りが億劫」
長いあいだ、ひざの痛みに悩んでこられたことでしょう。

整形外科や接骨院で治療を受けても、少しもよくならない。
むしろ痛みは年々ひどくなり、生活に不便や不自由を感じている。
お医者さんからそろそろ、
人工の膝関節を入れる手術を勧められているかもしれませんね。

こんな方にお伝えしたいのが、
本書で紹介するひざの内視鏡治療「ひざ関節鏡手術」です。

ひじやひざといった関節の内視鏡手術を受け、
現役に復帰し、第一線で活躍するプロ野球選手は大勢います。

実は、内視鏡手術は中高年のひざの痛みの治療としても、たいへん有効なのです。
 
手術の時間はたった15分。
96歳の高齢の方でも受けることができたほど、体に負担が少ない治療法です。
 
本書は、ひざの内視鏡手術の第一人者がわかりやすく解説している一冊です。



【著者プロフィール】
陳 永振(ちん・えいしん)

医学博士、元帝京大学医学部助教授、永振クリニック前院長。
昭和11年、台湾に生まれる。台湾大学医学部卒業後、東京大学医学部大学院修了。帝京大学医学部助教授などを経て、平成元年、永振クリニックを開業、関節鏡手術の第一人者としての評価を得る。
国際関節鏡学会理事、日本関節鏡学会理事などを歴任、平成29 年4月、本書制作過程において死去。


陳 昌鍇(ちん・しょうかい)

永振クリニック・医師。
昭和45 年、台北に生まれる。平成9 年、杏林大学医学部医学科卒業後、東京大学医学部整形外科学教室入局。関東逓信病院、水戸赤十字病院、佼成病院などの勤務を経て、同12 年より永振クリニック勤務。
日本整形外科学会会員、日本関節鏡学会会員。
「まえがき」に代えて 
     ~関節鏡手術で、新しく開ける痛みのない人生

第1章.ひざの痛みで、人生の大切な喜びを失うなんて
     ~やりたいことをあきらめない人生を送るために

第2章.あなたのひざの痛みはなぜ治らないのか
     ~ほんとうに満足できる治療を受けていますか

第3章.ひざの痛みを根本的に治せるのは関節鏡手術だけ
     ~いくつになっても受けられる安心・安全な治療

第4章.あなたのひざの痛みは絶対治る!
     ~関節鏡手術ケーススタディ集

第5章.自分でできる予防とリハビリ
     ~二度とひざの痛みに苦しめられないために

あとがき

ページTOPへ