ホーム > 不安こそ宝物
 新刊

不安こそ宝物

対人恐怖症を薬に頼らず克服した、医師からのメッセージ

不安こそ宝物
著者 黒川 順夫
ジャンル 暮らし・健康・子育て > メンタルヘルス
出版年月日 2018/05/16
ISBN 9784774517087
判型・ページ数 新書・176ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

緊張すると、すぐ顔が赤くなる。
多くの人前で話すのが苦手だ。
人からどう思われているかがとても気になる。
自分はコミュ障だと思う。

あなたはどうでしょうか?

著者は、自身の赤面恐怖症と社交不安障害を、薬に頼らず克服しました。

自身の経験を活かして、いまは患者に治療を行い、
目覚ましい結果をだしているのです。

それは森田療法という歴史のある治療法で、
「不安をあるがまま受け入れる」ことが特徴です。

敏感すぎるあなたも、
本書をきっかけに人間関係の悩みを解消し、
今のままの自分を大好きになってください。



【著者プロフィール】
黒川順夫(くろかわ のぶお)

黒川内科院長、黒川心理研究所所長、大阪市立大学大学院(生活科学研究科)非常勤講師。

医学博士、日本心療内科学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本森田療法学会認定医、日本精神神経学会専門医。

1942年大阪府生まれ。和歌山県立医科大学卒業後、九州大学医学部心療内科医局長、大阪労働衛生センター第一病院心療内科部長などを経て1983年より黒川内科院長。

著作に『主人在宅ストレス症候群』(双葉社)、『「主人在宅ストレス症候群」の解消・予防法』(かもがわ出版)『過食・拒食』(双葉社)などがある。
第1章.医師の私は、赤面恐怖症を森田療法で治した

第2章.森田療法が効果的な対人恐怖症、強迫神経症、パニック障害

第3章.不安を「あるがまま」に受け入れると症状が治っていく

第4章.あがり症、恥ずかしがり屋には、いいことがたくさんある

第5章.対人恐怖症、パニック障害、強迫性障害から回復した人々

ページTOPへ