ホーム > ダメ社員が草野球を始めたら、なぜか仕事で評価された
 新刊

ダメ社員が草野球を始めたら、なぜか仕事で評価された

<草野球&ビジネス小説>ストーリーでわかるリーダーシップ・組織づくり・人材育成 草野球にはビジネスに生かせるヒントがいっぱい詰まってます!

ダメ社員が草野球を始めたら、なぜか仕事で評価された
著者 三国 大吾
高橋 晶
ジャンル ビジネス・経済・キャリア
実用・スポーツ・ホビー > 自己啓発
出版年月日 2018/05/16
ISBN 9784774517032
判型・ページ数 4-6・216ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

これは、草野球を愛し、仕事を愛し、仲間を愛する、
どこにでもいる、しかし、ほかの誰でもない、
愛すべき男たちの物語である。

正岡ノボルは入社3年目を迎えようとしている営業マン。
仕事にやる気も覇気もない、「まあ、いいか」が口癖の、いわゆるダメ社員である。
ある日の夕刻、何となく中学の野球部の練習を見ていると、見知らぬ中年男から声をかけられた。
「草野球、やってみない?」
この一言がノボルの味気ない人生を、大きく動かしはじめる――



【著者プロフィール】
■監修者紹介

三国大吾(みくに・だいご)
1967年生まれ。
日本大学松戸歯学部卒業。1996年千葉県松戸市内に三国歯科医院を開設後、医療法人社団大伸会を設立。

1994年から千葉、東京、埼玉の草野球チームに所属し、現在においても活躍。草野球におけるチームワーク形成や組織の運営を学び、その経験を自らの歯科医院グループの起業、発展に応用。
後進の育成と開業支援に尽力する。

現在、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に在籍。
医療法人社団大伸会会長。歯学博士。



■著者紹介

高橋 晶(たかはし・あきら)
1956年生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。広告代理店勤務、PR誌・雑誌編集者を経て、1985年にフリーライターとなり、現在に至る。健康、医療、教育関係の取材・執筆活動を幅広く展開。生活者の実態をユニークな角度から調査分析し、軽妙な文章で開設するルポをライフワークとする。

主な著書に『寿命も縮まるドッキリ医学』『病院の中のヒソヒソ話』(青春出版社)、『この命、自分で守る』『実践第一!整体師への王道』(現代書林)がある。
1 覚醒 やる気ゼロ ! 存在感ゼロ ! ダメ社員が出合ったのは、なんと草野球だった
2 成長 エースは一日にして成らず ! 一人の男の成長が、人も職場も変えていく
3 挑戦 草野球マインドを活かせ ! リストラ候補組が挑む革新のプロジェクト
4 激闘 能力至上とチームワーク ! 息詰まる攻防戦 ! 勝利は誰に!? そして旅立ち
あとがき

ページTOPへ