ホーム > あこがれのレンガの家で暮らしたい!
 新刊

あこがれのレンガの家で暮らしたい!

笑って、泣けて、役に立つ家づくり体験記

あこがれのレンガの家で暮らしたい!
著者 花田 あゆみ
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 住まい
出版年月日 2018/03/15
ISBN 9784774516950
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

2LKの狭い社宅で、著者は新婚生活を始めます。
その後、借家暮らしのまま、4回も引っ越し。
そして、初めは2人だった家族も、子どもが生まれて4人になります。

結婚以来、著者は憧れのマイホームを求めて、住宅展示場を数限りなく回りました。
きれいなモデルハウスを見るたびに「まあ、素敵」とわくわくします。

しかし、何を基準に住宅メーカーを選べばいいのか、
どんな家が自分たちにふさわしいのか、
答えが見つからないまま、ますます混乱していきます――。

そんなときに出会ったのが、レンガの家。

本書は、マイホームで迷い続けていた主婦が、
自分なりの家づくりのルールを見つけ、
理想の住まいを手に入れるまでをまとめた奮闘記です。

笑って、泣けて、役に立つ。そんな一冊になっています。



【著者プリフィール】
花田あゆみ(はなだ あゆみ)

北海道日高生まれ。父の転勤に伴い、1978年から3年間、インド・ニューデリー市に滞在。大学卒業後、外資系企業に勤務。その後、夫の転勤でフランス・パリ市に4年間滞在。二人の男子をフランスで出産後、帰国。現在は、神奈川県内の私立高校で教鞭を執る。

「家」は、個人のささやかな歴史であると同時に「いのち」を育む空間。いずれは「理想の家」を手に入れたいと思っていた。

そんな「こだわり」を持ち続けて20年。ついにレンガの家を建てる「ちょっと変わった工務店」と運命的に出会う。

人の手によって積み上げられた石は、過去からのタイムカプセルであると同時に、未来へ託すメッセージともなる。レンガの家は、その点からも最高だった。

契約から着工を経て完成するまでのストーリー、そしてその後、7年にわたって実感した住み心地の素晴らしさ……まさに「レンガの家の贈り物」とも言うべき物語が、本書に結実した。

趣味は読書、映画・絵画鑑賞、インド古典舞踊。
プロローグ 家族みんなが幸せになれる「レンガの家」

第1章 白レンガの「長期健康住宅」に決めるまで

第2章 「最高の家づくりプロジェクト」始動!

第3章 本当にできた「理想の家」!

第4章 「理想の家」を建てて変わった私たちの暮らし

第5章 これから家を建てる方たちへのメッセージ

ページTOPへ