ホーム > 発症2週間前からの治療で花粉症の目のかゆみは激減する!
 新刊

発症2週間前からの治療で花粉症の目のかゆみは激減する!

発症2週間前からの治療で花粉症の目のかゆみは激減する!
著者 深川 和己
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2018/01/11
ISBN 9784774516844
判型・ページ数 新書・180ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

「悩んでいる花粉症の症状」で「鼻水」と第一位を競い合っている「目のかゆみ」。発症(花粉飛散)2週間前から眼科での治療を始めれば、かゆみのピークも圧倒的に和らぎ、かゆみを感じる期間も、薬も、通院の手間も、治療費も劇的に減らせることはまだほとんど知られていない。10人に1人も患者さんしかしていない、目の花粉症の【初期治療】を、ベテラン眼科専門医がやさしく解説します。「眼にもマスク」で効果倍増・予防法とセルケアも満載!



【著者プロフィール】
深川和己(ふかがわ かずみ)
1989年(平成元年)慶應義塾大学医学部卒業後、同眼科学教室入局、(旧)国立小児医療研究センターにてアレルギーの研究を始め、花粉症から春季カタルなどの重症型まで広くアレルギー性眼疾患を専門とする。現在、医療法人社団慶翔会理事長(両国眼科クリニック、飯田橋眼科クリニック、新宿眼科クリニック、神田須田町眼科クリニック)、慶應義塾大学医学部眼科学教室講師(非常勤)アレルギー外来担当、日本眼科アレルギー学会評議員。「ゴキゲンな笑顔がゴキゲンを呼ぶ」がモットーで、患者さんと仲間と家族の笑顔が大好き。
第1章 自分でできる花粉対策 眼にもマスクを!
第2章 アレルギーの基本を知ろう
第3章 眼のアレルギー 発症のメカニズム
第4章 眼のアレルギー 治療の最前線
第5章 眼のアレルギー 重症化したらどうなる

ページTOPへ