ホーム > 神の扉をひらく
 新刊

神の扉をひらく

あなたの心に命を与える、神の言葉を聴く生きかた

神の扉をひらく
著者 毛利 英慈
ジャンル 人文・思想 > 宗教
出版年月日 2017/12/04
ISBN 9784774516745
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

『 人生は神の愛と祝福で満ちています。
たとえ、そう思えなくとも、また自分には十分なものが無いように感じても、周りに自分が何を提供できるかを考えてみてください。人生の真の目的や意味は成功や勝つことにあるのではなく、愛し、委ねることにあります。(本文より抜粋) 』

15歳の時に聖書に感銘を受け、「牧師」の道を歩んだ著者。
実は、神の声を受け取る「預言者」であり、企業や個人の悩みに応える「コンサルタント」でもあります。
若くして文化大革命後の中国に渡り、キリスト教の伝道活動に携わります。帰国後は、関西で阪神・淡路大震災を経験。震災で傷ついた被災者に寄り添う支援活動に取り組みます。
その後、突然の自律神経失調症を患い、経済的に困窮したことで、一時子どもと共にホームレスに…。そんな著者の歩みは、映画のような人生に思えます。
しかし、どんな人の人生もそうだと著者は言います。
荒波の中で、傷ついたり、人を傷つけたり、孤独を感じたり、無力を感じたり…これは誰の人生にも起こりうることなのです。
そんな時には「自分が信じるもののために生きる=信仰」を失わず、「人生を信じ続け、諦めなければ、必ず道は開ける」と著者は考えます。
困難を乗り越える時に重要な「信仰」、それは「心のコア」です。
信仰とは、必ずしも宗教や団体に入って生まれるものではありません。
あなたの心に生まれるものなのです。
あなたの心にコアが生まれる時、あなたは天命を知り、苦しみを乗りこえ、新しい喜びを手にすることができるでしょう。
本書では、著者の人生、神と私達の関係、神と著者の対話、「心のコアづくり」について紹介しています。
それらについて知り、この世界の神について知ることで、あなたの人生が輝きます。
心のコアづくり5つのステップ、神の御言葉、私達が乗り越えなければならない課題など著者独自の提言は必読です!



ラボニコンサルティング 創設者・代表
埼玉県生まれ。15歳の時に洗礼を受ける。その後すぐ、人に聖書を教え、神からの預言を受け始める。高校を卒業後、修行期間に入り、聖書、預言、古代ユダヤ史を学ぶ。
以降、心理学、宗教学、経営学、哲学、脳科学、英語、中国語、食事療法等を学ぶ。約30年前、中国に語学留学をし、大学で日本語を3年間教える。
帰国後は牧師をしながら、一時小規模なインターナショナルスクールを設立し、幼児も大人も対象とした国際的な人間教育に従事する。
阪神・淡路大震災の時にはボランティア団体を組織し、食料や物資等の配布、行方不明の外国人の安否調査を赤十字社から依頼される。
2005年にラボニコンサルティング(旧ライフコンサルタント)を設立し、本格的にコンサルティング、セミナー、コーチングを開始する。
これまでに約20ヵ国で約50,000人の方々を教え、同時に多くの方々から預言を求められる。
プライベートでは、7人の子供(男子4人、女子3人)のシングルファーザーとして主夫業も兼任。
今年(刊行時2017年)やっと一番下の息子が大学4年生になった。
はじめに 
第1章宗教に死に、信仰に生きる道
第2章神と人間の絆
第3章闇に立ち向かうための「心のコア」
第4章神とのダイアローグ
おわりに

ページTOPへ