ホーム > 受験生と親たちへ 不道徳教師アーナンダの教え
 新刊

受験生と親たちへ 不道徳教師アーナンダの教え

受験生と親たちへ 不道徳教師アーナンダの教え
著者 河原 利彦
ジャンル 教育・学参・受験
出版年月日 2017/12/18
ISBN 9784774516776
判型・ページ数 4-6
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

家ではスマホばかりいじっている。
部活帰りは疲れて、勉強しない。
塾に行っても、友達とおしゃべりに熱中。

「勉強しなさい」と言っても、言うことを聞かない。

だから、いつもイライラ・ガミガミの母親。
でも、父親は無関心。

うまくいかない家族を救ったのは
……突然届いた、古びたインドの人形だった!?

本書は、カリスマ塾講師の6冊目の著作です。
著者が生徒に指導している内容を、ストーリー形式としてまとめました。

〈ヒャクテンノテストハステロ〉
〈カコモンハムダ〉
〈ブカツハイイワケ〉

インドの人形の「謎のつぶやき」を実践していくだけで、
あなたのお子さんは自然と
「何も言わなくても、自分で勉強する子」
に変わっていきます。 



【著者プロフィール】
河原利彦(かわはら・としひこ)

1961年茨城県生まれ。大学在学中に単身渡米し、アメリカの大学で英語を学ぶ。
26才で本質を突く塾「河原塾」を立ち上げ、現在は全国各地に7校。

現代教育研究家として、30年を超える指導経験から、子供の可能性を引き出し、本当に必要な教育をあらゆる角度から研究している。
著書、トークライブ、ネット放送などを通じて、親子と交流し、現在の学校教育制度に疑問を投げかけ、容赦なく破壊していく。
サングラスと金髪で、知る人ぞ知る“教育界のカート・コバーン”の異名を持つ。

また、新しいコーチング技術、ダイレクトレスポンスコーチング「DRC」を開発し、勉強を強いることなく、生徒の成績を上げている。
現在では、マインドセット、心理学・脳科学を融合させた、新たな戦略的学習法(KJ-ストラテジー)にて、大学受験へむけて高校生の偏差値を軒並み15~25アップを実現。

90年代には、少年隊、松田聖子などに多くの楽曲を提供した作曲家としての一面もあり、現在もフリーの作曲家として活動している。
プロローグ 

SPRING 勉強しないわが子にイライラ・ガミガミ 

SUMMER 受験の合否を決める「鬼門の夏休み」がやってきた 

AUTUMN やっと勉強しだした受験生を体育祭と文化祭が惑わせる 

WINTER 受験本番まで続く、不安と焦りの数週間 

NEXT SPRING 合格発表の掲示板にわが子の受験番号が…… 

エピローグ 

あとがき―「勉強すること」の本質

ページTOPへ