ホーム > 訪問歯科診療のすすめ
 新刊

訪問歯科診療のすすめ

口腔ケアで「元気で長生き!」

訪問歯科診療のすすめ
著者 一般社団法人日本訪問歯科協会
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2017/11/16
ISBN 9784774516639
判型・ページ数 4-6・216ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

寝たきりの高齢者の数は増え続けており、約200万人と言われています。
 寝たきりになり、口の中の健康状態が低下すると、
身体全体にさまざまな問題が起きます。

まず、「かむ・のみ込む」といった動作が不自由になります。
食べ物を自分の力で身体に摂取できないばかりでなく、
口の中の細菌が原因で誤嚥性肺炎が起こり、命を落とす恐れさえあります。

しかし残念ながら、介護をされている家族や介護従事者でも、
口の中の健康の重要性を理解している人が極めて少ないのが現状です。
 
だからこそ、いま注目を浴びているのが、
「お口の介護」とも呼ばれる「口腔ケア」です。
 
本書は、訪問歯科診療を行う17名の歯科医師の取り組みを紹介し、
「口腔ケア」の重要性を伝えています。
また、家庭で手軽にできる「口腔ケア」と「お口のリハビリ」も紹介しています。



監修:一般社団法人日本訪問歯科協会

平成12年、日本訪問歯科協会設立。
訪問歯科診療に関する勉強と研修をおこない、技術と意識を高める取り組みを続けている。
主な活動内容は、診療内容の向上に関する研修会、介護・福祉関係者との協調による訪問歯科診療サービスの普及活動、海外研修視察報告、日本訪問歯科医学会や年2回の全国ブロック会議の主催など。
Part1.お口の介護で、高齢者も介護従事者も救われる

Part2.お口の介護「訪問歯科診療」を受けるには

Part3.家庭で手軽にできる「口腔ケア」と「お口のリハビリ」

Part4.口腔ケアのプロフェッショナル! 訪問歯科診療の名医たち

ページTOPへ