ホーム > 医師たちが選んだプラセンタ療法
 新刊

医師たちが選んだプラセンタ療法

体にやさしいが、しっかり効く胎盤パワーの秘密

医師たちが選んだプラセンタ療法
著者 景山 司
長瀬 眞彦
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2017/05/15
ISBN 9784774516301
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

病院に通っても、薬を飲んでもなかなか良くならない。
そんなしつこい症状の改善に力を発揮するのがプラセンタ療法です。

プラセンタとは胎盤のことです。
古代ギリシアや中国では医療の場で用いられてきたプラセンタが、今、医療の現場で脚光を浴びています。その幅広い効能に気づいた医師たちが、選択肢の一つとしてプラセンタを治療に取り入れはじめています。

医師たちはなぜプラセンタを選んだのか?

本書は、最前線で活動する医師たちのルポルタージュを通して、プラセンタ療法の効果と可能性を浮
き彫りにします。

★プラセンタのよく効く病気一覧★
(日本胎盤臨床医学会大会における「臨床発表」による)
慢性疲労症候群 片頭痛 高血圧症 C型慢性肝炎 アルコール性肝炎 肝硬変 気管支喘息 肩こり 五十肩 肩関節周囲炎 腰痛症 腰椎椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 座骨神経痛 変形性膝関節症 変形性股関節症 線維筋痛症 関節リウマチ 骨粗鬆症 脊椎圧迫骨折 更年期障害 生理痛 月経前症候群(PMS) 生理不順 無月経 冷え性 子宮筋腫 アトピー性皮膚炎 湿疹 肌荒あれ にきび痕 そばかす シミ 乾燥肌 薄毛 褥瘡 肝斑 白斑 自律神経失調症 うつ病(うつ症状) 不眠症 自閉症 引きこもり 不安障害 アルツハイマー型認知症 花粉症 アレルギー性鼻炎 耳鳴り めまい 難聴 メニエール症候群 歯周病 歯肉炎 歯槽膿漏 顎関節症 金属アレルギー 口腔乾燥症 前立腺肥大 パーキンソン症候群 肥満 眼精疲労 緑内障 角膜炎 

はじめに

第1部 プラセンタ療法は、安全にオールラウンドに効果を発揮する~長瀬眞彦日本胎盤臨床医学会理事長に聞く~
東西医学の出会い――。ここにプラセンタ療法の魅力がある
プラセンタ療法の効果は幅広く、全身・全科・全年齢にわたる
安全性と副作用……。プラセンタ療法に対する誤解を解く
プラセンタ療法には、効果が確認されたいろいろな治療法がある
プラセンタ療法のさらなる発展に向け、日本胎盤臨床医学会は活動する

第2部 さまざまな症状へのプラセンタ療法の効果
【B型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肝がん、アンチエイジングなど】
プラセンタ療法で数々の効果を実証、亡妻の“弔い合戦”としてがんに挑む
天願 勇先生(統合医療センター・クリニックぎのわん院長/沖縄県宜野湾市)
【肝機能障害、アトピー性皮膚炎、湿疹、うつ状態、脊柱管狭さく症、掌蹠膿疱症など】
SMI(簡略更年期指数)を用い、プラセンタの更年期障害への効果を臨床評価する
増永荘平先生(ますなが医院院長/埼玉県富士見市)
【うつ、統合失調症、混合性不安抑うつ症、全般性不安障害、更年期障害など】
プラセンタのさまざまな作用は、心のベクトルを“改善”の方向に向けてくれる
上田容子先生(神楽坂ストレスクリニック院長/東京都新宿区)
【うつ症状、うつ病、ストレス障害、アトピー性皮膚炎、チェーンソーによる外傷など】
独自のサプリメントも監修。サプリ単独でも、メンタル面をはじめ効果を上げる
稗田圭一郎先生(鶴巻メンタルクリニック院長/神奈川県秦野市)
【メニエール病、耳鳴り、難聴、めまい、不眠、疲労感、ふらつきなど】
プラセンタ療法を先陣に、HBM(幸福感・満足感に基づく医療)を提供する
北西 剛先生(きたにし耳鼻咽喉科院長/大阪府守口市)
【更年期障害、生理痛、生理不順、PMS、アンチエイジングなど】
美容・健康への意識が高い方が、安全で効果の高いプラセンタ療法を求める
北野原正高先生(きたのはら女性クリニック院長/仙台市青葉区)
【シミ、シワ、美白、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、乾燥肌、冷え性など】
プラセンタ注射の単独治療の他、美肌治療との組み合わせによる効果も追求する
渡邊千春先生(千春皮フ科クリニック院長/さいたま市浦和区)
【肝斑、色素斑、アンチエイジング、慢性疲労、更年期障害、アトピー性皮膚など】
現代医学では治療が難しい肝斑で、プラセンタ注射は絶大な効果を発揮した
上野正樹先生(上野医院院長/長野県長野市)

第3部 普通の注射以外にも、効果が確かなプラセンタ療法
【ツボ注射】
整形外科・婦人科の領域で、プラセンタのツボ注射は大きな効果を発揮する
長瀬眞彦先生(吉祥寺中医クリニック院長/東京都武蔵野市)
【ツボ注射】
エネルギー的要素も考えられ、“命の循環”のなかで効果はあって当たり前
西谷雅史先生(響きの杜クリニック院長/札幌市中央区)
【ツボ注射】
治療でも健康と長寿を実現する「予測・予防医療」でも、プラセンタ療法は期待度が高い
藤 純一郎先生(東京トータルライフクリニック内科医長/東京都台東区)
【トリガーポイント注射】
画像は痛みの本体を示さない。手術前に、トリガーポイント注射を試す価値はある
清水泰雄先生(清水整形外科醫院院長/東京都世田谷区)
【組織療法】
自家製剤によるプラセンタ組織療法を、延べ約15万人に提供する
原 靖先生(原クリニック院長/福岡県田川市)

プラセンタのよく効く病気一覧

一般財団法人 日本胎盤臨床医学会について

ページTOPへ