ホーム > いびきの新治療で心と体をリフレッシュ!
 新刊

いびきの新治療で心と体をリフレッシュ!

いびきの新治療で心と体をリフレッシュ!
著者 池尻 良治
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2017/03/01
ISBN 9784774516219
判型・ページ数 4-6・188ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

潜在患者500万人といわれる「睡眠時無呼吸症候群」。
「いびき」はその典型的な症状だ。

放っておけば、糖尿病や高血圧、さらには鬱病や認知症にまで至る。

この厄介な病気の治療に、
「歯科医」という患者さんの口腔内に最もアクセスしやすい立場から取り組み、
確実に実績をあげているのが著者だ。

生活習慣の改善指導はもとより、
独自の検査法から治療法まで、
「良い睡眠」を得るための著者のノウハウを、すべて明らかにする。

中部大学特任教授・日本睡眠教育機構理事長、宮崎総一郎先生、推薦。


【著者プロフィール】

池尻良治(いけじり・りょうじ)

医療法人宏和会池尻歯科医院理事長、歯科医。

1977年、愛知学院大学歯学部卒業。
79年、大阪市淀川区で池尻歯科医院を開院し、
89年に医療法人宏和会を設立して理事長に就任。
「抜歯・抜髄がない歯科医院」を標榜する。
ライトタッチレーザー研究会会長、
ライトタッチレーザー国際指導医(シネロン社認定)、
バクテリアセラピー指導歯科医師(日本バイオガイア社認定)、
国際睡眠時無呼吸アカデミー(ISASA)会長、
子供の睡眠と咬み合わせを守る会会長、
日本ティップエッジ矯正研究会理事などを務めると同時に、
日本歯科衛生士アカデミーを主宰しながら、
歯周病や食育、歯内療法、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群などをテーマに、
全国各地で講演活動を行っている。

プロローグ. 「悪い睡眠」で仕事も健康もダメになる

  第1章.睡眠の仕組みを知り、「悪い睡眠」から「良い睡眠」へ

  第2章.「悪い睡眠」の原因となる睡眠時無呼吸症候群(SAS)

  第3章.OSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)はなぜ起きるのか?

  第4章.口+腸脳相関で「良い睡眠」を取り戻す

  第5章.OSASによる「悪い睡眠」も必ず改善できる

エピローグ.「良い睡眠」─七つの秘訣

ページTOPへ