ホーム > つらい腰痛は「浮かせて」治す!
 新刊

つらい腰痛は「浮かせて」治す!

薬・手術なしで椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛が劇的に回復

つらい腰痛は「浮かせて」治す!
著者 中川 忠典
日本FMT腰痛治療協会
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2016/12/05
ISBN 9784774516103
判型・ページ数 4-6・228ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

今や日本人の4人に1人が悩んでいる、
もはや国民病といえる「腰痛」。

しかし、その治療法となると一時的な対症療法が主で、
「腰痛は治らない」「一生つきあっていくしかない…」と
諦めている方も少なくないのではないでしょうか。

著者は柔道整復師として新患1万人以上の
臨床経験を積んできた中で、これまでになかった
「腰を浮かせて治す腰痛治療器」と出会い、
さらに独自の鑑別診断法とあわせた
「FMT腰痛治療法」を確立したことによって、
画像検査などで特に異常が認められない
非特異的腰痛(腰痛全体の85%)の大半は治ると
断言できるレベルに達しました。

たとえ激しい痛みを伴う急性の腰痛であっても、
腰を浮かせることで痛みの原因となる
上半身の重力を除圧することによって、
痛みのない状態で効果的な治療が施せるからです。

腰痛で悩んでいる多くの方々に腰痛治療に関する最新の常識と、
日本ではまだ一部の人にしか知られていない
この最先端の治療法についてぜひ本書で知っていただき、
一日も早く辛い痛みから解放されるための知識を
身につけて頂きたいと思います。


中川忠典(なかがわ・ただのり)一般社団法人日本FMT腰痛治療協会会長。健向グループ代表統括院長。1964年埼玉県生まれ。1997年に東京柔道整復専門学校を卒業して柔道整復師の免許を取得。その後の4年間、整形外科のリハビリテーション部門主任として2万件以上に及ぶ臨床経験を積み、独自の中川式治療法を確立する。満を持して2001年に健向接骨院を開院。「取れるはずの痛みは確実に取り除く」ことを信条に、数多くの患者を完治へと導き、開院10年で新患は1万人を超えている。この間、分院として2004年に康生接骨院、2006年に彩光接骨院を開院。日本大学の城内博教授(医学博士)らとともに、FMT浮腰式腰痛治療法の普及のために一般社団法人日本FMT腰痛治療協会を立ち上げ、代表理事として全国各地で整骨院・接骨院業界の活性化を目的に、技術・経営をテーマとしたセミナー・講演会を開催している。その後腰痛治療の専門院としてニュートン整骨院を設立し、浮腰式腰痛治療の研究と啓蒙活動に尽力する。著書に『整骨院経営バイブル』(現代書林刊)がある。

 

 

 

 

 

はじめに

第1章 あなたの腰痛はなぜ治らないのか?̶ 今こそ知ってほしい腰痛治療の新常識̶
日本国民の4人に1人以上が腰痛に悩まされている
原因が特定できないからといって諦めてはいけない!
腰痛治療の誤った“常識”を正す
「絶対安静」はかえってよくない
「腰を反らしてはいけない」というのも間違い!?
手術は保存的療法と比べて治療成績がいいわけではない
温熱は一時的、牽引療法も有効性は低い
患者さんにとって当たり外れがあるわけ
腰痛に対するマッサージ効果ははっきりしていない
400年の歴史を持つ日本の伝統的な手技療法

第2章 「重力除去」の考え方に基づく最新の腰痛治療
最新の情報を得て、最適な腰痛治療を
腰痛は重力が原因、ならば重力の負荷を取ってあげればいい!
腰痛の患者さんには「重力除去」が効果的!
エビデンスがはっきりしている重力除去療法
上半身の体重を取り除くだけで痛みが激減した!
世界に広がるまったく新しい腰痛治療器
腰椎にかかる重力を除去するFMT腰痛治療法
最新式腰痛治療器で治療効果が出せるこれだけの根拠
プロスポーツ選手も早期に復帰できたことで評判に
コラム●腰椎椎間板ヘルニアとは

第3章 「浮かせて治す」FMT腰痛治療の実際
椎間板ヘルニアも治癒する画期的な治療法で「鬼に金棒!」
患者さんに負担をかけない無痛治療
患者さんの負担やリスクを減らすFMT腰痛治療法
「諦めない」「痛くない」「早期回復が望める」治療
ニュートンメソッドによる運動療法と筋トーヌスを整えるストレッチ
患者さんと一緒に治療のゴールを設定する
重度の椎間板ヘルニアでも手術をせずに治癒した!
ブロック注射と併用したら重度の脊柱管狭窄症が治った
治療計画通り6か月後にヘルニアが治癒した
脊柱管狭窄症なのに、ゴルフをしてもまったく痛みがない!?
コラム●脊柱管狭窄症とは

第4章 緊張をやわらげて痛みの再発を防ぐ早期回復のためのセルフケア
治った腰痛を再発させないために
セルフチェックの方法
肥満も腰痛の発症リスクを高める
ロコモティブシンドロームの予防&痛みをコントロール
体幹のコアマッスルをトレーニングしよう
腰痛予防のためのセルフケア

第5章 「浮かせて治す」腰痛治療で成果を上げている全国の治療家̶FMT腰痛治療法の症例解説̶
鴨下 正 先生(三豊接骨院院長・東京都)
木野内亮一 先生(木野内接骨院院長・茨城県)
五島広文 先生(2丁目の整骨院院長・大阪府)
小松道由 先生(阿部整骨院院長・宮城県)
坂田大将 先生(坂田鍼灸接骨院副院長・兵庫県)
立石善信 先生(にいじ接骨院院長・佐賀県)
田邉武範 先生(あおいニュートンクリニック院長・バンコク)
谷口成康 先生(なのはな接骨院院長・愛知県)
中島正勝 先生(中島接骨院院長・愛知県)
西田佳訓 先生(にしだ鍼灸整骨院院長・大阪府)
正岡良卓 先生(からだ再生工房りょうたく庵院長・愛媛県)

おわりに

巻末◎FMT腰痛治療法を実践する全国の治療家たち

ページTOPへ