ホーム > 死を乗り越える映画ガイド
 新刊

死を乗り越える映画ガイド

あなたの死生観が変わる究極の50本

死を乗り越える映画ガイド
著者 一条 真也
ジャンル 文学・評論 
人文・思想
出版年月日 2016/09/16
ISBN 9784774515939
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

内容説明

目次

「死が怖くなくなる読書」の続編。
読書だけではなく映画も、死の「おそれ」や死別の「かなしみ」を克服する力をもっていると著者は訴えます。
死があるから生があることに気づかせてくれる映画、死者の視点に立って世界を見ることを教えてくれる映画、など50本の作品をセレクトしました。
作家の顔だけでなく、冠婚葬祭業の代表として多くの人々の「死」と向き合ってきた著者ならではのと深い洞察に満ちた内容となっています。


一条 真也(いちじょう しんや)

1963年北九州市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。大手冠婚葬祭会社の経営者として、新時代の冠婚葬祭サービスの提供はもちろん、グリーフケア・サポートなどに精力的に取り組んでいる。2008年、北陸大学客員教授に就任、8年間にわたって「孔子研究」「ドラッカー研究」を教える。12年、第2回「孔子文化賞」を稲盛和夫氏らと同時受賞。14年、全国冠婚葬祭互助会連盟の会長に就任、九州国際大学客員教授に就任。また作家としても精力的に執筆を重ね、著書はすでに80冊を超える。無類の読書家としも有名だが、年間100本以上を映画館で鑑賞する希代の映画通としても知られる。本書は『死が怖くなくなる読書』(小社刊)の続編である。

一条真也公式サイト http://www.ichijyo-shinya.com/home/
一条真也公式ブログ http://d.hatena.ne.jp/shins2m+new/

まえがき 映画で死を乗り越える

第1章 死を想う
『永遠の僕たち』死を見つめる切ないラブストーリー
『母と暮せば』優霊映画の定番ゆえに泣ける一本
『はなちゃんのみそ汁』大切なことを伝えたい母の思い
『そして父になる』先祖へつながる家族の絆
『東京家族』「東京物語」へのオマージュ
『悼む人』「死者を忘れるな」という強烈なメッセージ
『四十九日のレシピ』限りない家族への希望
『涙そうそう』冠婚葬祭と家族愛を描いた沖縄の映画
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』戦闘シーンがリアルな日本人原作のSF
『サウルの息子』「人間の尊厳」と「葬」の意味を問う名作
コラム◎ 映画から死を学んだ

第2章 死者を見つめる
『おくりびと』世界に日本の儀式の素晴らしさを発信
『おみおくりの作法』孤独死した人々へのやさしいまなざし
『遺体 明日への十日間』何が人間にとって本当に必要か
『蜩ノ記』「死ぬことを自分のものとしたい」
『おかあさんの木』樹木葬をイメージする戦争映画
『ハッピーエンドの選び方』イスラエル版「おくりびと」
『世界の涯てに』生きる目的を探す不思議な三角関係
『バニー・レークは行方不明』観る者に実存的不安を与える名作
コラム◎ ホラー映画について

第3章 悲しみを癒す
『岸辺の旅』世界は「生者のような死者」と「死者のような生者」にあふれている
『ポプラの秋』「死者への手紙」に託す想い
『想いのこし』成仏するための作法
『ニュー・シネマ・パラダイス』「人生最高の映画」「心に残る名画」への違和感
『アバウトタイム〜愛おしい時間について〜』タイムトラベル映画の新境地
『ファミリー・ツリー』家族の絆は別れ際にあり!を実感
『インサイド・ヘッド』ピクサーのヒット作。葬儀で泣くということ
『リトル・プリンス 星の王子さまと私』ハートフル・ファンタジーの力を再確認
『アナと雪の女王』男女の恋愛話だけがアニメの世界ではない
『風立ちぬ』最大のテーマは「夢」
コラム◎ SF 映画について

第4章 死を語る
『エンディングノート』「死」を迎える覚悟の映画
『オカンの嫁入り』日本映画の王道をゆく冠婚葬祭映画
『縁えにし〜The Bride of Izumo』日本の美に涙する一本
『お盆の弟』「無縁社会」を打ち破る「血縁」映画
『マジック・イン・ムーンライト』大好きなウディ・アレンの佳作
『マルタのことづけ』「死」を覚悟して笑顔で旅立つ姿に感動
『海街diary』この上なく贅沢で完璧な日本映画
『クラウド アトラス』輪廻転生を壮大なスケールで描く
『永遠と一日』名作は必ず「愛」と「死」の両方を描く
『天国は、ほんとうにある』臨死体験することの意味
コラム◎ファンタジー映画について

第5章 生きる力を得る
『海難1890』トルコと日本の国境を越えた大いなる「礼」の実現
『6才のボクが、大人になるまで。』時間というのは現在のことだ
『アリスのままで』アルツハイマー病の現実を描く
『博士と彼女のセオリー』絶望を希望に変えてくれる名画
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』ホテル業ほど素敵な商売はない!
『アルバート氏の人生』自分らしい生き方を模索する姿に共感
『シュガーマン 奇跡に愛された男』生きる希望を与えてくれる傑作
『セッション』音楽と教育の力を実感する一本
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』青年を成長させてくれる漂流映画
『レヴェナント 蘇りし者』生きることの過酷さを実感する巨編
『ゼロ・グラビティ』死者に支えられて生きていることを実感できる
『インターステラー』親は、子どもの未来を見守る幽霊

あとがきにかえて最後にもう一本『裸の島』│『葬式は、要らない』に対する答え

ページTOPへ