ホーム > 慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格する子育て〈書き込み式合格ノート〉
 新刊

慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格する子育て〈書き込み式合格ノート〉

小学校受験の当日までに「なにをすればいいのか」がすべてわかる

慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格する子育て〈書き込み式合格ノート〉
著者 山岸 顕司
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 子育て
教育・学参・受験
出版年月日 2016/09/16
ISBN 9784774515915
判型・ページ数 A5・144ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

本書は、たちまち重版をした
「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格する子育て」の第2弾。

著者は、
慶應幼稚舎は4人に1人(慶應横浜も4人に1人)、
早実初等部は3人に1人、
筑波小学校は2人に1人が合格するという
驚くべき実績をもつ、創設48年の幼児教室の理事長。

本書は、小学校受験を1年後に控えたKくんとそのママが主人公です。

小学校受験を決意し、
わが子と手と手を取り合い、努力を重ね、
遅ればせながら夫が協力に目覚め、
家族が受験に成功するまでのストーリー形式となっています。

幼稚園の年中11月から、
小学校受験が終了する年長12月までの14か月間を、
どのように過ごせば受験の準備がすべて整うのか、
そしてその結果として合格できるのかが、
Kくんの物語をたどるだけで、よくわかります。

そして、ストーリーには「解説」がついているため、
「小学校受験はなにから準備したらいいかわからない」
というお母さんでも安心です。

さらに、今月はなにをすればいいのかがわかる「ホームワーク」と、
読者が本書に書き込むことができる「今月の目標と達成表」も掲載。

笑えて、泣けて、感動し、役に立つ。
世界で初めての小学校受験本です。


<年中11月からのホームワーク>のダウンロードは下記リンクまたはホームワーク画像をクリックしてください。

PDFファイルが開きます。

年中11月からのホームワーク(年中11月より年長10月まで)>

 


山岸顕司(やまぎし・けんじ)
慶応会理事長

東京麻布生まれ。青山学院の教えに「精神」を学ぶ。小・中・高・大学生のころにさまざまな分野の専門家に師事し、感性と直観力を修練する。
写真を独学し、青山学院大学在学中に日本広告写真家協会より奨励賞を受賞し、スタジオ勤務を経て、大学卒業後に広告写真家として活動する。

当初の志を果たした後、父と手を携え創設した慶応会に入社。
某私立小学校・幼稚園に講師として出向し奉職する。
その間、学園長を補佐し、入試委員を5年間務め、私立校の運営に参画する。
幼稚園児、小学児童と深く関わり、『子どもの心に向上心を育むことこそ教育の本質』と学ぶ。
2001年に慶応会理事長に就任し、現在に至る。

過去30年にわたり、3000組以上の家庭に私立・国立小学校、幼稚園受験において、志望校合格を実現し、ご家庭に夢をお届けする。

前著「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格する子育て」を通し、『子育ての青春』の真っ只中にいられる幸せをお伝えする。
出版に先立ち、過去15年間、慶応会ホームページにて、子育てと教育に悩むお父さん、お母さんに向けて毎週、「理事長通信」を発信中。

はじめに

年中11月
受験まで365日! カウントダウン・スタート!
● 小学校受験、右も左もわからず
● 小学校受験に理解を示さないパパ
● インターネットのなかに潜む小学校受験の魑魅魍魎
● まずは「一人作戦会議」
● さぁ教室探し。わが家とベストマッチするのはどの教室?
▶ いよいよあと1年。嵐の1年が到来!
▶ なによりも、生活スタイルの改善。そこで逆転も可能!
▶ 教室の選び方は相性と適性
▶ その1「体験レッスンで子どものことをほめまくる教室は注意」
▶ その2「良い教室は透明性が高い」
▶ その3「なによりも教室の合格実績」
★ 11月のホームワーク

年中12月
さあ、やらなきゃ! 生活改善と年末の行事いろいろ
● まずは生活スタイルの改善から
● お手伝いは、ペーパーを使わない心と頭脳のトレーニング
● スター発見
● わが子の男気をくすぐり、やる気にさせる
▶ 小学校受験の効能─とにかくいろいろ効くんです!
▶ 目標は目に見える形で!
▶「 ツライこと」もこれなら達成できる!
★ 12月のホームワーク

1月
今年が本番! 心のエンジンが今かかる
● 受験に直結! 季節の行事を意識して過ごすこと
● 目に見える目標と計画で意識改革
● 通り過ぎていた街並みも、教材の宝庫
● なにかが当たる! わが子の知的興味を触発させる
● とにかく、なにがあっても、短時間でも、ペーパーは毎日
▶ ペーパーが嫌いな子でも、突破口はある!
▶ マルをもらわないと気が済まない子は難しい
★ 1月のホームワーク

2月
初の「中だるみ・へこみ」の2月
● 志望校とは、本命校プラス併願校
● 模擬試験は、わが子の得意と不得意の「分野」を知ること
● わが子の力を信じて、母親がさせるべきこと
▶「 負けず嫌い」はそれだけで才能
★ 2月のホームワーク

3月
わが子に才能は必ずある! とにかくいろいろ試してみよう
●「 6歳の課長」を育てる行動観察のトレーニング
▶ 女子校が第一志望だと、早慶合格は望めない!?
▶ 母と子は、人格も魅力も別
▶ 失敗するのは怖くない
★ 3月のホームワーク

4月
いよいよ年長。あと半年しかない? いや、まだ半年ある!?
● 伸び悩みの春
● 脳の栄養は糖分。でもさらに大事なたんぱく質
▶ 4月は「志望校に合格できるか?」と予測を立てる時期
▶ 志望校の確定は7月
★ 4月のホームワーク

5月
がんばっても、がんばっても…… そんな時は外に目を向けて
● 結果が出ない……母はイライラ、子は反抗的
▶「 わが子が幸せになれる」学校選び(親が、ではない)
▶ 志望校に行き、下校時に普段の生徒の様子を観察しよう
▶ 沿線・路線を確認しよう
★ 5月のホームワーク

6月
「もうやめようか……」とだれもがジメジメする6月
● 迷って、迷って。結局、先生が頼りの併願校選び
● 早くも親の模擬面接がスタート!
● パパが変わり始めた……
▶ わが家にとって「引き分け」の学校はどこ?
★ 6月のホームワーク

7月
「夏を制する者は受験を制す」 梅雨も猛暑も気合で乗り切れ!
● 大ショック
● 体力と持久力がついて、ペーパーの集中力がアップ
● ペーパーをがんばれる子は家庭教育で育つ
▶ 長い夏休み。2か月の攻防戦は親と子の精神の葛藤から
▶ 夏はポイント制で「がんばる心」を動機づける
▶ 過去問の徹底トレーニングの開始
▶ 類似問題や難問もまんべんなく取り入れよう
▶ お母さんの「待つ」修行のクライマックス
★ 7月のホームワーク

8月
もう後戻りはできない。全力で突き進め8月!
● 夏休みは受験最大の山場
● 夏合宿は「けじめとメリハリ」のハイライト
● さあ、富士登山
● 人を育てる戦略「ほめる」
● 素敵なカン違い大作戦
▶ 賢いお母さんの魔法の言葉がけ
★ 8月のホームワーク

9月
わが子の受験準備もたいへんなのに! 母は願書の鬼になる!
● 初めての入試へ
● 願書の清書と提出で大慌て
▶ 11月の第一志望合格は、10月校の合格から
▶ 日程が重なったら、どの学校を受けるか?
▶ 合格をいただくと、お母さんの自我が格段に安定する
▶ わが子は受験するたびに成長する
▶ 最大のメリットは「わが子がどういう子かがわかる」ということ
▶ 願書は予備用に2部用意
★ 9月のホームワーク

10月
親として覚悟を決める!
● 最初に受けた受験の結果は?
● 来週からついに11月
▶ 10月は、残り直線100メートルの勝負
▶ 10月に、必ずやっておかないといけないことは
▶ 受験当日はなにに気をつければよいか
▶「まさか……」の一番大切な忘れ物

11月
最後はメンタル! 泣くより笑おう! THE本番!
● 受験本番スタート。怒涛の連日
● 早くも後半戦に突入! メンタルが大事!
● わが家は大団円をどう迎える?
▶ 受験当日は、わが子を本調子で送り出してあげてください
▶ お母さんの直前の一言が、お子さんのがんばりを後押しする
▶ 喜びと悲しみの11月
▶ 第一志望合格だけが成功じゃない
▶ わが子の前ではお母さんは泣かないで……
▶「 受験の神さま、あのとき落としてくれて、ありがとう」
▶ さぁ、11月の2週目以降に入って
▶「 抽選だから国立小は運さえあれば合格する」は大間違い

12月
そして迎えるグランドフィナーレ。お茶の水・筑波は最後の砦
● 神さまの思し召し
● 身についたのは、親子して困難から逃げない生き方
● 最後は、わが子を信じること
▶ 受験の仕上げは家族会議!
▶ 自分で決めた学校に通うということ

おわりに

ページTOPへ