ホーム > 新・やっぱり赤レンガの家に住みたい!

新・やっぱり赤レンガの家に住みたい!

究極の省エネ住宅は、地球にも家計にもやさしい

新・やっぱり赤レンガの家に住みたい!
著者 松本 祐
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 住まい
出版年月日 2015/08/03
ISBN 9784774515359
判型・ページ数 A5・168ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

赤レンガの建物は
見ているだけでロマンチックな
落ち着いた気分になります。

シンボルツリーやガーデニングの緑にも
よく合うそのたたずまいは
私たちの心に自然にとけこみます。

「もし家を建てるのなら、レンガの家に住んでみたい」と
子どものころに夢見た人は多いはず。

しかし、現実ではレンガの家は坪100万円と高価で
多くの人はあこがれのままで終わせるしかありませんでした。

さて、本書の著者は「行列のできる工務店」の創業者。
人々の夢をかなえるべく、流通や施工のコスト削減に奔走し、
従来の半額で「レンガの家」を建てられるようにしたのです。

本書は、レンガ家の魅力を、24ページのカラーページを交えて伝えています。

省エネ性、耐震性、耐久性を兼ね備えたレンガの家を建てるときに
役立つ情報が満載です。
 
「あこがれ」を夢のままで終わらせたくない――。
そんな方に最適の一冊です。

 


本書は、弊社より2008年に刊行した『やっぱり赤レンガの家に住みたい!』の新装版です。

 

はじめに 「ミナトヨコハマ赤レンガの家」に、ようこそ!

第1章 赤レンガの家は、やっぱり住み心地がいい! 二重断熱・二重遮熱・二重通気の「百年健康住宅」だから生きるレンガ仕上げ
赤レンガの家は、こんなふうにできている……その構造の特徴と秘密
  ■セラミック化した断熱・耐火レンガを1万個以上、手積み
  ■念を入れた耐震構造で、震度6強でもOK  
  ■四角く組み上がったレンガ外壁の強さ
赤レンガ外壁の高度な耐火性能
赤レンガの家は、なぜ快適で長持ちか
  ■百年健康住宅の価値を高める赤レンガの家
  ■本物の高気密・高断熱を実現した「百年健康住宅」仕様
  ■二重断熱、二重遮熱、二重通気による「百年健康住宅」
  ■基礎の耐久性、木材の耐火性を劇的に高める「液体ガラス」
  ■木材にも「液体ガラス」は有効!……テレビ局の実験で証明
メンテナンスフリー。年をへるごとに美しさを増す赤レンガの家
大空間の住まい。内部のデザインにもこだわりたい!
  ■「空間デザイナー」Michiyo Inoue
  ■「素敵な家を手に入れたい」という強い気持ちが……
  ■デザインは「芯」となる部分を明確に
  ■機能をシンプルに生かすデザインを

第2章 高価なレンガの家が、なぜ「半額」で建てられるのか 住まいの「値段」について、本気で考えてみませんか
複雑怪奇な住宅コスト。コストダウンするためには?
適正価格でのコストダウン1……流通ラインをシンプルに
適正価格でのコストダウン2……直営工事を行うこと
適正価格でのコストダウン3……信頼される財務の力、営業の質
適正価格でのコストダウン4……標準化と信頼のための「技術力」
適正価格でのコストダウン5……省エネ・耐久性能、アフターサービス

第3章 赤レンガの家は、みんなに「やさしい」家だった 「家を建てる」ということの原点を、もう一度ふりかえってみませんか
家づくりで後悔しないために
家は「生きもの」である
レンガの家は、やさしい家
個人の家が街の景観をつくっている
日本の家が、地球環境を破壊している!?
地球環境にもやさしいレンガの家

第4章 身体で実感、赤レンガの家はスゴイ! 住まいの耐久性と居住性を約束する、驚異の遮熱・断熱・耐熱性能
赤レンガの建造物を求めて全国行脚
  ■赤レンガの家で横浜の街に恩返しを
  ■赤レンガの家の魅力を確信した2日間の旅
レンガ積み外壁の防火構造性能評価試験
  ■「偽装していません」の証明に、サンプル採取
  ■厚さ7センチのレンガが、1000℃近い熱の約9割をシャットアウト!
セラミックレンガ、驚異の遮熱・断熱性能
  ■1300℃前後の高温を完全に閉じ込めた!
  ■外壁をレンガにすると、なぜ夏涼しくて冬暖かいのか
  ■目地もレンガも壊すのが大変だった

「赤レンガの家に住めて誇りに感じます」赤レンガの家、ユーザーボイスを取材
「多趣味で家にこだわりを持つ私を満足させた赤レンガの家」
  ▼憧れだった本物のレンガ積み住宅
  ▼空気が「人肌」のようにやさしく感じられる
  ▼夏涼しく冬暖かい、家計にもやさしい赤レンガの家
  ▼普通のサラリーマンでも手にできるコスト
「赤レンガの家で、家族4人、快適に幸せに暮らしています」
  ▼仮契約をやめて赤レンガの家に決断
  ▼手の届かない夢と思っていたが……
  ▼広くなったのに光熱費は安くなった!?
  ▼赤レンガで守られた幸せな家庭
「住宅街の雰囲気にも不思議とピッタリです」
  ▼赤レンガの家は、日本中どこでも可能
  ▼たった1枚のチラシが縁となり……
  ▼娘さんの「ぜんそく」が良くなった
  ▼レンガの落ち着いた外観は住宅街の雰囲気にピッタリ

対談
近代ホームグループ創業者・松本祐 サワケンホーム社長・澤井斉
大自然の法則に即した「レンガ」という素材で、人も家も健康で長持ちする「本当に良い家」を!
…………………………………………………………………………………………………………
  ・天才大工が、技術を捨てた理由
  ・高気密・高断熱の家、夏が暑いのが欠点
  ・良い家を提供しようともがいて、到達したのがレンガだった
  ・人間の「巣」として最適な「レンガの家」の価値

おわりに

ページTOPへ