ホーム > ブレイクスルー

ブレイクスルー

あの日僕たちは、一歩前へと踏み出した

ブレイクスルー

◆挫折を知るすべての20代・30代に贈る現状突破ストーリー◆ 読み終えたとき、きっと、あなたの胸にも勇気が芽生える!

著者 松尾 健史
ジャンル 実用・スポーツ・ホビー > 自己啓発
出版年月日 2014/04/14
ISBN 9784774514642
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

内容説明

目次

◆テレビで紹介されたヒット作
『I met a boy.父の日に、バンビ公園で。』著者、松尾健史の新しい代表作!◆                  

◆<推薦>
作家 喜多川泰
「突き抜けろ!」に心震える、圧倒的爽快感!

◆カバー装画は『5分で読める!ひと駅ストーリー』シリーズ(宝島社文庫)の装画も担当した、今注目の若手装画家「げみ」

 ~~~~~~~~~~ 

「この仕事を続けていていいのだろうか?」
「自分は成長できていないんじゃないか?」
挫折を知るすべての20代・30代に贈る現状突破ストーリー

<ストーリー&登場人物>
僕、相川秀平は14歳のバスケに打ち込む中学生。
背は高くないけどチームのエースを自負するも、監督からは「中で勝負するな!」と怒鳴られ続ける。

そんな鬱々とした毎日を過ごしていた秀平は、行きつけの美容院で、上司の不在により思いがけずハサミを持つこととなった新人美容師・諏訪みなみ(24)に髪を切ってもらう。

谷崎元輝(31)は秀平の通う塾の講師。同級生が脱サラして独立したことに動揺するが……。

稲本義明(29)は、突然、大手自動車販売会社をリストラされ、再就職セミナーに向かう電車で偶然みなみの隣に座る……。

日々の小さな出会いは、果たして人生に奇跡を起こすシンクロなのか?!

――読み終えたとき、きっと、あなたの胸にも勇気が芽生える<日常系・自己啓発小説>。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この物語の中には新しい自分との出会いがある。

不安な自分に、優しく背中を押してもらいました!

~~読書のすすめ 小川貴史さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      私たちの仕事や人生にインパクトを与える
      リアルなストーリーに時を忘れて読み終えちゃいました
 
出路雅明さんブログ「新やる気伝道師日記」 2014年4月20日
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 




読者の声

●男性、20代
現在、失意のどん底におりました。
この本を読み、
ブレークスルーが自分にとって必要であり、
まさに分岐点にいるのだと思いました。
悔しさ、悲しさを乗り越えて
もう一度、人生をやり直そうと思います。


●男性、20代、会社員
一番、心にひっかかったのは
諏訪みなみさんが「必勝&必笑」ノートに
新たに自分が目指すべきものを
書き込み続けている、ということです。
なぜなら、私も同じようなノートを
いま、作っているからです。
これからも続けるきっかけになりました。
ありがとうございました。


●女性、40代、公務員
「突き抜けろ」という言葉とともに
スカッと爽快な気分でした。
人と人との関わりは
一見すると関係ないようでいて
つながっている流れに
どんどん引き込まれていきました。
突き抜けるためのポイントもちりばめられていて
「なるほど、そうだよね」と思いながら、
楽しい時間を過ごすことができました。
おもしろかったです。


 ●男性、30代
今現在、33歳なんですけど、
「ブレイクスルー」の主人公たちと共通するところがあり
思わず一気に読んでしまいました。
今のタイミングでこの本に出合えてよかったです。
一日一日、後悔しないよう、
主人公同様に生きていこうと思います。


 ●男性、50代
仕事でどうやったら抜け出せるのだろう?と
考えていたときにちょうど、
この本を読みました。
どうしたら突き抜けるのか?
自分なりに考えてみようという
キッカケになりました。
ありがとうございます。


 ●男性、20代、学生
「突き抜けろ」
人生はどこで変わるかわからない
明日乗る電車の中かもしれない
今回読んだ本かもしれない
一度きりの人生、思いっきり楽しみます!


●男性、60代、会社員
久しぶりに熱い胸の中になりました。
ありがとう。


 ●女性、50代、自営業
何かに夢中になって
それを成し遂げたいと思う時の気持ち、
突き抜けたときの気分の良さや嬉しさ、
これらがすごく伝わってきて
すがすがしい気持ちになりました。


●男性、高校教諭、40代
こんなにも心震える本があるのかと、
感動しております。
とても勇気がもらえる内容でした。
今回、この本をすすめてくれた
読書のすすめさんに感謝です。


●男性、教員、20代
背中をおしてくれる言葉「ブレイクスルー」。
どのストーリーも、自分の可能性をブレイクし、
目標に向かって突き進む物語で勇気をもらえた。


●三上様 30代 男性 会社員
「突き抜けろ!」
本当にシビレました。
それ以外ないと思うくらいシビレました。


●男性、経営者、40代
日々の努力、明確なビジョン
決意すること、
そしてなにより、
突き抜けた後の自分を想像して
ワクワクしながら日々を過ごしたいと思えました。
登場人物に負けないように
私もがんばっていきます。

 

 

 

第1話 「現状打破の鍵」を手にする   相川秀平、十四歳 バスケ部

第2話 人生の分かれ道        諏訪みなみ、二十四歳 美容師

第3話 敗者復活           稲本義明、二十九歳 大手自動車会社販売店リストラ

第4話 ひとりの本気         相川秀平は朝五時半に目を覚ます

第5話 成長曲線           谷崎元輝、三十一歳 塾講師

第6話 情熱の連鎖          谷崎元輝、直線のグラフもその角度を上げていく

第7話 目の前の壁          諏訪みなみ、分かれ道の先にたどり着いた場所

第8話 自分を超える         谷崎元輝、楽じゃないけど楽しい道を

第9話 ブレイクスルー        そして奇跡は起こる

あとがき

関連書籍

ページTOPへ