ホーム > 東洋医学を極めた! 漢方の名医9人

東洋医学を極めた! 漢方の名医9人

東洋医学を極めた! 漢方の名医9人

がん、アレルギー、メニエール病、女性の病気・・・ 自然の力と先人の知恵を現代医療に活かす、「漢方の名医9人」の密着ルポ!

著者 現代書林特別取材班 編著
ジャンル 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康
出版年月日 2014/03/12
ISBN 9784774514581
判型・ページ数 A5・176ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

西洋医学と漢方の融合をはかりつつ、より患者さんのためになる漢方処方を追及する医師たち・・・

自然の力と先人の知恵を現代医療に活かす「漢方の名医9人」の密着ルポルタージュ!

がん、アトピー、女性の病気、メニエール病、白内障、心の病気・・・

あらゆる病気を改善させた漢方医療の症例を多数紹介!!


~本書にてご紹介する先生方~

・荒浪暁彦先生-あらなみクリニック
・有澤正義先生-ありさわクリニック
・佐藤香先生-アイケアクリニック
・豊田雅彦先生-うるおい皮ふ科クリニック
・中村公一先生-日比谷トータルクリニック
・原田智浩先生-若葉ファミリー常盤平駅前内科クリニック
・春田博之先生-芦屋こころとからだのクリニック
・朴澤孝治先生-朴澤耳鼻咽喉科・統合医療センターTree of Life
・横内正典先生-横内醫院

 

 

まえがき

荒浪暁彦【あらなみクリニック理事長】
ステロイドでよくならないアトピー性皮膚炎が漢方薬で改善していく!
症状や体質に合った漢方薬を使えば、アトピー性皮膚炎は軽快する
ぜんそく、アレルギー性鼻炎、花粉症などにも、漢方薬は効果を期待できる
ニキビは、オーダーメイド漢方で美肌が取り戻せる
脱毛治療でも、オーダーメイド漢方は大きな成果を上げている
塗ったものは体内に入る(経皮吸収)ので石鹸・化粧品は身体によいものを

有澤正義【ありさわクリニック院長】
漢方薬は、心身のバランスを整える――。女性の体質には漢方療法がよく合う
更年期障害の治療では、HRT(ホルモン補充療法)と漢方療法の併用が合理的
更年期障害で、漢方療法はこう行われている
老年期の病気の芽を摘む――。これが更年期医療の目的
若い女性の月経前症候群や月経困難症・月経不順にも、漢方薬は効果を発揮する

佐藤 香【アイケアクリニック院長】
「目のかかりつけ医」として、地域の人々のQOV(Quality of Vision)をトータルに守る
漢方薬の処方で、以下の目の症状・病気に成果が上がっている
伝統的な処方に患者さんの性格や状態を加味し、多彩な漢方薬を使い分ける
白内障・緑内障、網膜硝子体手術などは、豊富な経験と最新機器で日帰りが可能に
気づかないうちに、目の病気は進行する――。40歳を越えたら、年に一度は眼科専門医で検診を

豊田雅彦【うるおい皮ふ科クリニック院長】
皮疹は局所の証。皮膚の病気は漢方療法に適している
ボストン大学への留学から帰国後、痒みと漢方療法に注目する
アトピー性皮膚炎の治療では、「治るライン」に乗ってもらうことが重要
アトピー性皮膚炎の漢方処方は、4項目の痒みの評価と証から決定する
病名投与と検査値からの漢方薬の選択――。アトピー性皮膚炎治療で漢方を普及させる2つの提案

中村公一【日比谷トータルクリニック院長】
なぜ西洋医学が役に立たない? その経験から治療の狭間を埋める東洋医学に気づく
患者さんの性格を見抜かないと、漢方療法は成功しない時代になった
脈診を重視し、性格などを勘案して生薬を独自に処方
どんな患者さんにも対応できるために、医師としての引き出しをどうもつか?
治療へのフィードバック――。そのために多彩な趣味をもつ

原田智浩【若葉ファミリー 常盤平駅前内科クリニック院長】
いくら西洋医学を学んでも、治せない患者さんがいた……。日本最古の漢方診療所で研鑽を積む
1階は西洋医学、2階が東洋医学――。このコンセプトで開院する
まずエキス剤から選ぶことが多いが、生薬末や煎じ薬を使い分ける
原田先生の漢方療法で、辛い症状・病気が改善・快癒した!
爆発的に増加する認知症に、漢方の活用策を探る

春田博之【芦屋こころとからだのクリニック院長】
伝統医療を色彩の統一理論で織り直し、カラーホリスティックメディシンを創案する
自身の経験から色のメッセージに気づき、オリジナルの「色彩の統一理論」を構築する
試行錯誤を経て、心と身体のメッセージを解析するツールを開発
カラーホリスティックメディシンによる漢方処方で、辛い症状から解放された!
ライフワークとして、カラーホリスティックメディシンの普及に取り組む

朴澤孝治【朴澤耳鼻咽喉科・統合医療センターTree of Life 院長】
病気・症状の70%は西洋医学で解決するが、漢方の併用などで治癒率を上げたい
耳鼻咽喉科の領域で、西洋医学が苦手な症状に漢方は効果を発揮する
東日本大震災後の「地震酔い」の改善にも漢方薬がひと役買った
クリニックでは西洋医学と漢方で治療し、統合医療センターではさまざまな代替医療を提供する
メニエール病の患者さんで統合医療が如実に効果を示した

横内正典【横内醫院院長】
末期癌への漢方療法を発表、日本に漢方ブームを巻き起こす
パワーテストで診断し、必要な漢方薬と量も決める
気を入れた名刺と布で気の流れを整え、漢方薬の効果を高める
横内先生の治療で癌を克服!いまも元気に暮らしている患者さんたち
治療効果を高めるために、癌治療では生活の見直しも不可欠

あとがき

ページTOPへ