ホーム > やりがいのある仕事! 柔道整復師

やりがいのある仕事! 柔道整復師

あなたは、どんな生き方をしますか!?

やりがいのある仕事! 柔道整復師
著者 小林 英健
ジャンル 資格・検定・就職
出版年月日 2013/09/03
ISBN 9784774514031
判型・ページ数 4-6
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

目次

はじめに―あなたは、どんな目的で仕事を選びますか?

第1章 幸福な人生を手に入れる仕事の選び方
サラリーマンを辞めてよかった! いま55歳の私の実感
仕事=生きがい。こうした仕事が人生を幸福にする
仕事と生きがいを分ける。最初の私の選択は失敗に終わった
好きな仕事であれば、苦労や努力は楽しみになる
将来の社会ニーズに合う仕事であれば、経済的に安定する
すべては自分が決めている。そこに気づけば、世界は変わる
自分で選んだ道であれば、死ぬ気で全力投球もできる

第2章 柔道整復師は、自分に合った医療の仕事が選べる
柔道整復師は厚労省が認めた国家資格、整体師は民間資格
独立開業すれば、自分の才覚で飛躍できる
治療家として、整骨院で患者さんの施術に携わる
治療家として病院に就職し、施術や機能回復訓練に携わる
トレーナーとして、アスリートの治療と指導に当たる
介護・福祉でも、機能訓練指導員の国家資格が生きる
希望にあふれる人生を手に! 近畿医療専門学校を設立する
知識と実技習得に、多くの若者が充実した学生生活を送る

第3章 柔道整復術は、日本の伝統治療の一つ
「医療の原点は手当てにあり」が、私の基本的な考え方
奈良時代や平安時代に、すでに接骨術があった
柔術や蘭学などにより、江戸中期には接骨術が発達する
江戸末期の天神真楊流の「活法」が、現代柔整の母体
明治・大正と、柔道整復術は苦難の道を歩んだ
昭和から現代にかけての柔道整復術と柔道整復師の歩み
柔道整復術は、自然治癒力を最大に活かす日本の伝統治療の一つ

第4章 「喜んでもらえる高い技術力」を身につける
予防医学としての柔道整復術を目指すのが真の治療家
ギックリ腰が治せない……。悩みのなかで、初心がよみがえる
南條式療法と出合い、改善と工夫を積み重ね小林式背骨矯正術へ
小林式背骨矯正術の即効性と効果は、さまざまな症状で証明
寝たきり覚悟の椎間板ヘルニア。2週間の施術で職場復帰
手術目前の脊柱管狭窄症。施術で激痛が消え、ゴルフも好調
先天性股関節脱臼で歩けない! 施術で、手術をキャンセルできた
虎穴に入らずんば虎子を得ず―。柔道整復師は技術を磨く
小林式背骨矯正術で、「治せる柔道整復師」が続々誕生
■囲み1■夢は治療家として、業界をよくし、患者さんによくなってもらうこと
近畿医療専門学校では、3年次に小林式背骨矯正術が学べる

第5章 常に「人間力」を高め、人として成長する
周囲の人すべてを師匠に、多くの人から成長の糧を吸収する
刺激し合える友人を選び、切磋琢磨を怠らない
よく聞き、さらによく聞いて、分かりやすく話す説明力
相手を尊重しているか?常に自分を点検する習慣をつける
壁にぶつかった―。そのときは思考のフレームを変える
本を読み、なかから「自分の人生の一冊」を見つける

第6章 本物の柔道整復師を育てる近畿医療専門学校の魅力
今後ますます求められるようになる「柔道整復師」という仕事
「活用してこそ資格、役立ってこそ施術」。欠かせない経営力の養成
医療業界のビジネススクールをめざし
画期的な病院との連携体制を実現
西洋医学の現場を体験し、知識を修得する
グローバルな東洋医学を発祥の地で学ぶ
ここが近畿医療専門学校を選ぶポイント
■囲み2■働きながら学べる環境〈I〉~〈III〉
おわりに

ページTOPへ